夜行バスキャンセル待ち方法

夜行バスキャンセル待ち方法

夜行バスに乗りたくて予約をしようと思ったら、すでにその夜行バスが満員ということもよくあります。


人気のバスで、快適に乗れて安いというバスは、どうしてもすぐに埋まってしまいます。


早く予約を出来るのが一番ですが、気付いたときにはすでに満席、なんてこと、バスを利用する機会が多い人は、一度は経験したことがあるのではないでしょうか。


そういう時に、違う交通手段を利用することになるでしょうが、高速バスはキャンセル待ちも可能です。


キャンセル待ちをしていて、空きが出ればそのバスに乗ることができるでしょう。


予約をインターネットでするバスであれば、キャンセル待ちの方法などが書かれているはずです。


通常は予約と同様に、予約をしたい夜行バスを選択し、そこでキャンセル待ちの申し込みをして連絡を待ちます。


キャンセルが出たら登録しているメールアドレスなどに連絡が来るので、こまめにメールは確認してください。


キャンセルが出て連絡がきてから、申し込みをするまでの期限が決められています。


キャンセル待ちの数名いると順番待ちですから、もしも期限までに連絡をできなければ、次の人にチャンスが移動します。


もちろん、必ずキャンセルが出るとは限りません。

キャンセルが出ない場合は連絡がこないことも多いので、自分で他の交通手段を探しておいてくださいね。


もしも当日キャンセル待ちをしたい場合は、現地で待つしかありません。


これは一か八かになってしまいますが、キャンセルがいきなり出た際に、その場で乗せてくれることもあります。


しかし、当然のように実際に現地に行ってキャンセルが出なかった場合には乗せてもらうことはできませんので、もしも乗れなかったときのことは考えておかなくてはいけないでしょう。


現地に行くと、同じ目的地のバスで違う路線がある可能性もあります。


一つのバスだけではなく、それ以外のバスでキャンセルが出ていないかの情報を集め、乗れるバスを見つけられるといいのではないでしょうか。


 
トップページ サイトマップ 商品・サービスについて