夜行バス予約の仕方

夜行バス予約の仕方

1.最大の情報源は「時刻表」
2.インターネットも有力な情報源
3.夜行バスの乗車券(きっぷ)の購入
4.座席の予約から乗車券を受け取る(発券)まで

1.最大の情報源は「時刻表」

夜行バスをふくむ高速バスの情報を知るのに最も確かなのは「時刻表」です。

(1)「JR時刻表」(交通新聞社発行)または、「時刻表」(JTB発行)
どちらの時刻表にも夜行バスをふくめた時刻が全路線掲載されています。
(2) ポケット判の時刻表
夜行バスの時刻表がのっています。
(3) 高速バス時刻表
交通新聞社から発行されている専用の時刻表です。
(4) 私鉄各社が発行している時刻表
その会社が関わっている夜行バス路線の時刻がのっています。

これ以外にも、夜行バスを運行しているバス会社のバスターミナルには、そのバスターミナルから出発する夜行バスの時刻表が置いてあり、そのほとんどは無料です。

運賃や停車するバス停とその時刻などもくわしく書かれていますので、一度見てみると良いでしょう。


2.インターネットも有力な情報源

夜行バスを運行する各バス会社は、ホームページに夜行バスに関する情報を掲載し予約の受付もしています。

携帯用に対応したホームページを持っている会社もあります。

「高速バス時刻表」や「JR時刻表」などで知られる交通新聞社が運営する「どこなびドットコム」では、バス路線についても、くわしい情報が載っています。

また、旅の散策ツアーズやキラキラ号など夜行バスを都市間ツアーバスの形態で運行している会社では、バスの予約をインターネット中心としているため、窓口がホームページだけというのが多いです。


3.夜行バスの乗車券(きっぷ)の購入

夜行バスや長距離高速バスを予約する場合は、あらかじめ乗車券を買っておくのが一般的です。

とくに夜行バスは、ほぼすべて「予約指定制」といわれる座席番号を指定した乗車券が発行されるものです。

乗車券を手に入れるまでの流れは、予約をした後に乗車券が発行されるのが一般的ですが、予約と同時に乗車券を発券することもあります。

路線によっては、コンビニエンスストアに設置してある端末、あるいはインターネットを用いて「きっぷ」の予約・発券ができます。

支払いの基本は現金払いですが、旅行会社ではクレジットカード払いができます。

運賃は中学生以上(12歳以上)が「大人(通常)運賃」、小学生以下(6歳〜12歳)は大人運賃の半額の「小人運賃」となります。

バス会社により違いはありますが、高速バスでは座席を単独で使用する場合は幼児(6歳未満)でも小人運賃になります。

くわしくはバス会社にお問い合わせください。

夜行バスの「きっぷ」の発売開始日は、多くは「往路乗車日の1ヶ月前から」ですが、バス会社によっては「30日前から」、「1ヶ月1日前から」、「3ヶ月前から」など色々あります。


乗車券の予約・購入方法一覧

「時刻表」に記載されている夜行バスをふくむ高速バスの予約・購入方法の説明です。

いずれの夜行バス予約の仕方でも、当日乗車は空席があればできます。

乗車券を購入する場所
主な旅行会社JRの
「みどりの窓口」
バス会社の
営業所・案内所など
自宅からの
電話予約・問合せなど
予約指定制座席番号が指定された乗車券が発行されます-座席番号が指定された乗車券が発行されます電話予約の後、指定日までに旅行会社・バス会社で乗車券を購入します
「みどりの窓口」
指定制
座席番号が指定された乗車券が発行されます座席番号が指定された乗車券が発行されます始発駅のみで座席指定の乗車券を発行します電話予約はできません
予約指定制
「みどりの窓口」
座席番号が指定された乗車券が発行されます座席番号が指定された乗車券が発行されます座席番号が指定された乗車券が発行されます電話予約の後、指定日までに旅行会社・バス会社で乗車券を購入します
指定制座席番号が指定された乗車券が発行されます-座席番号が指定された乗車券が発行されます電話予約はできません
予約定員制便・時刻が指定された乗車券が発行されます-便・時刻が指定された乗車券が発行されます電話予約の後、指定日までに旅行会社・バス会社で乗車券を購入します
「みどりの窓口」
定員制
便・時刻が指定された乗車券が発行されます便・時刻が指定された乗車券が発行されます始発駅のみで便・時刻が指定された乗車券が発行されます電話予約はできません
予約定員制
「みどりの窓口」
便・時刻が指定された乗車券が発行されます便・時刻が指定された乗車券が発行されます便・時刻が指定された乗車券が発行されます電話予約の後、指定日までに旅行会社・バス会社で乗車券を購入します
みどりの窓口乗車券が発行されます乗車券が発行されます乗車券が発行されます電話予約はできません
予約--乗車券が発行されます電話予約の後、指定日までに旅行会社・バス会社で乗車券を購入します


4.座席の予約から乗車券を受け取る(発券)まで

(1) 電話で予約

市販の時刻表やパンフレットなどに、利用する路線を運行しているバス会社の「予約センター」などの電話番号が載っていますので、そこに電話して予約します。

女性専用席(レディースシート)を設けている路線もありますので、希望される方は予約の際に問合せしましょう。

夜行バスの大半は複数で運行を行なっていますが、出発地に近い担当会社で大丈夫です。

予約の際には以下のことを伝えますので、前もってメモしておきましょう。

@ 乗車を希望する路線名(行先・愛称・号数など)
A 乗車時刻
B 乗車する場所(途中のバス停から乗る場合はしっかりと伝えましょう)
C 乗車する人数(男女の別を尋ねられることもあります)

予約が完了したら、あなたの「名前」と「電話番号」を伝えます。

その後、「予約番号」(電話番号がそのまま予約番号となることもあります)が先方から伝えられ、「○日までに乗車券を購入してください」と言われるはずです。

「予約番号」もメモに控えておきます。

電話予約が完了した後、指定日までに、旅行会社または、バス会社の窓口で「予約をすでに行っている」ことと「予約番号または電話番号」を伝えた上で乗車券を購入します。

なお、指定日までに乗車券を購入しないと、予約が自動的に取り消されます。

ちなみに、JRバスの一部路線などでは電話予約はできません。

旅行会社がバス会社と契約した都市間ツアーバスでは、インターネットによる予約が中心となります。



(2) バスターミナル(バスセンター)で購入

夜行バスが停まるバスターミナル(バスセンター)に発券窓口があれば、そこで乗車券を買うことができます。

窓口で、あなたが乗りたい便を、「○月○日夜(22時10分)発の東京行き」などと、きちんと伝えて予約すれば乗車券を発券してもらいます。

その場で予約と同時に購入したり、電話予約した券を購入することもできます。



(3) 旅行会社で予約から発券まで行う場合

旅行会社でも電話予約済みの乗車券を購入できる他、予約と同時に購入もできます。

旅行会社の窓口に行って、あなたが乗車を希望する路線(○月○日△時△分発の××行き)をきちんと伝えた上で「クーポン」を発券してもらいます。

乗車当日は、乗車券の代わりに旅行会社が発行したクーポンを持って乗車します。

旅行会社での予約の際にはつぎの点に注意しましょう。

@ 発券までに時間がかかります。店員が発券に不慣れなためです。
A 「旅行会社側で運行会社のバスセンターに電話をかけて座席を確保する」するので、バスセンターの営業時間内(18:00前が多いです)に行くと発券が早く済みます。
B バスセンターの営業時間外に行くと、乗車券の受け取りが次の日以降になることもあります。
C JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行であれば、たいていの路線は大丈夫なはずです(すべての路線ではありませんが)。なお、旅行会社とバス会社の契約上、発券できない路線もあります。

旅行会社で発券する場合、路線によってはバス料金と別に、300円〜500円程度の手数料が必要なことがありますので発券の際には前もって確かめておくと良いでしょう。



(4) JRバス運行路線の場合

JRバスが運行している夜行バスならば、列車同様、全国どこでも「みどりの窓口」で購入できます。

注意点は、「みどりの窓口」の職員は夜行バスの発券には慣れていないため、時間がかかることが多々あります。

「みどりの窓口」が1つしかない駅では、すいている時間帯を見計らって購入しましょう。

なお、JRバスと民間会社が共同運行を行っている場合、民間側では電話予約を受け付ける会社と電話予約を受け付けない会社があります。



(5) インターネットやコンビニでの予約・発券

発車オーライネット」では、一部の路線のみインターネット予約ができます。

「発車オーライネット」で予約した後、ファミリーマートやローソンなどのコンビニで乗車券を発行してもらうことも可能です。

その際の方法は、

@ 店内にある端末(「Famiポート」や「Loppi」など)に「発車オーライネット」で予約した内容を入力します。
A 端末で「引換票」が印刷されますので、発行後30分以内に引換票をレジに持っていきます。
B 料金と引き替えに乗車券を受け取ります。

コンビニでの発行してもらう際の注意点は、

・ 発行後30分以内にレジに持っていかないと予約が取り消されます(コンビニでは「発券せずに予約だけを行う」ことはできません)。
・ コンビニで発券する際に必要な料金は、乗車券の代金のみです。一部の旅行会社でかかる「手数料」はありません。
・ 購入した乗車券の変更や取り消しする際の手続きや手数料は通常と違います。

くわしくは、そのコンビニ端末の説明やバス会社のホームページなどを見てください。

なお、全国の「ファミリーマート」と「スリーエフ」では、「Famiポート」や「Loppi」など店内にある端末で乗車券の予約から行えます。

しかし、現在のところ、コンビニで予約・発券ができる会社は限られ、可能な会社でも、その予約・発券は一部の路線に限られている場合があるので注意していください。


 
トップページ サイトマップ 商品・サービスについて